山梨県の夜景が綺麗に見れるスポットまとめ

 

なしラボです。

今回は山梨県の夜景スポットについての記事です。

定番スポットから穴場まで紹介してきます。スポットを見つけ次第随時更新していきます!是非参考にしてみてください。

 

フルーツ公園

説明不要ですね。新日本三大夜景・恋人の聖地にも選ばれているフルーツ公園はとても夜景が綺麗に見れます。しかし、公園内は広いので、同じ敷地内でも夜景の見え方はだいぶ異なってきます。なしラボのおススメは、山梨フルーツ公園ぷくぷくから見る景色です。富士屋ホテルの上にあります。ここからの景色が一番きれいに見ることができると思います。フルーツ公園からの夜景が見たい方は是非参考にしてみて下さい。

 

 

みはらし広場(甲府市)

ここは個人的にとてもオススメです!甲府の夜景がこれでもかってくらい広がっています!山梨の夜景スポットで一番きれいなんじゃないかと思ってしまうほど広くてきれいな夜景が見ることができます。穴場スポットなので、あまり人と遭遇しません。最高の夜景を堪能することができます!

行きかたは、グーグルマップで「みはらし広場」と検索すれば出てきます。千代田湖に向かう道中にあります。ちょっと道が怖いですが、、、。

 

 

 

和田峠 みはらし広場

こちらもとてもオススメです。上で紹介した、「見晴らし広場」と同じ高さくらいにあります。こちらに行きたい場合は「和田峠 みはらし広場」で検索しましょう。上で紹介した「みはらし広場」と同じ山にあります。こちらは甲府駅周辺の高いビル群(高いといっても全然高くないですが)が見れるので、もう一つの「みはらし広場」とは違った眺めになってきます。ちょっとイマイチなのが、木と草が伸び放題伸びているので、視界が狭いかもしれないです。それでもとても綺麗です!!でも個人的には、もう一つのほうの「みはらし広場」のほうが綺麗だと思います!この辺は好みですね。場所も近いので、見比べてみるのもいいと思います!

 

岡島百貨店駐車場の屋上

たまには、屋上なんかのぼっちゃって、ちょっと甲府だけど甲府じゃないような眺めを見てみませんか?なかなかゴミゴミしていて、ちょっとした都会のような景色が見れますよ!遠くを見ると山もあって、山梨であることに安心します!冒険してみましょう!ワクワクします!

 

 

桃花橋ループ【ループ橋】(南アルプス市)

白根巨摩中学校を山のほうに向かっていくと、らせん状に山を登る橋のようなものがあります。これがいわゆる山梨県のループ橋です。ちょっとしたベンチがあって雰囲気も良いですよ!(後ろは山だし、心霊スポットっていう人もいますが、そんなことは考えないようにしましょう)道も広くて整備されているのでとても行きやすいです。

下からの写真のほうがわかりやすいと思います。↓これ。ぐるっとループしていますね。

 

あと、私の勝手なオススメなんですが、ループ橋の上でシャッターを開いて車が通りすぎるタイミングで写真を撮ると、車の軌跡がループしてなかなか良い写真を撮ることができます!是非お試しあれ!

 

 

パノラマ台(山中湖)

山中湖にあるパノラマ台は、夜景と富士山と星空がとても綺麗です。ただの夜景だけでは物足りなくなってしまって、富士山も星空もみたいなんて欲張りな方にお勧めです!道も行きやすいので是非行ってみてください!

 

 

山中湖

夜景って、何も上から見る必要はないですよね、夜の景色ですから。水面が穏やかな時の山中湖は湖面に富士山と街の灯りが反射してとてもきれいに見れますよ!たまにはこういう夜景もいかがでしょうか?ちなみにここは、山中湖のガストとかが無いほうの湖畔です。ちょっと柵が高いので、柵をいい具合によけて写真を撮りましょう。

 

 

新倉山浅間公園

富士吉田市にある、あの、「五重塔と富士山」の写真が有名なところです。日中はこれでもかってくらい、外国人観光客がいるので、ここは日本か?って錯覚に陥りますが、夜は比較的人が少ないです。平日なんてほとんどいません、夜の写真を撮るにはちょっと怖いので、中国人でもいいからいてほしいところです。

 

 

夜の五重塔も雰囲気があってとても素敵です。夜景とセットでどうぞ!

 

武田神社の上のほうのところ(詳しい名前はわかりません)

こちらもとてもきれいに夜景を見ることができます。場所はどこかというと、武田神社を上に登っていくと、少しすると車を停めるスペースがあるので、そこです。多分何のことかよくわからないと思うので、見つけてください!

山に囲まれて甲府駅周辺の夜景が強調されてとても綺麗です。

 

まとめ

いかがでしたか?

山梨県は夜景を綺麗に見ることができるスポットであふれています。また見つけ次第、良い写真が撮れ次第更新していくので、是非参考にしてみてください!

 

 

MORE

  1. この記事へのコメントはありません。